中小企業もしくは個人事業主向けのビジネスローン

ローン商品の名前を見ているとよく目にする単語があります。

それは「アクティブ」という言葉です。

どういったものか見てみると中小企業もしくは個人事業主向けのビジネスローンのことでした。

検索して上位に出てきた沖縄銀行の場合では利用条件を見ると無担保、第三者保証人不要で審査を行えるようです。

このよう地元に営業所などを持っている企業を対象にローン商品を考えている地方銀行も多いようです。

ただし、銀行機関の行うビジネスローンなので審査期間は長くなりがちです。

そのためすぐに資金調達をしたいという方はノンバンク系のローン利用をお勧めします。

設備投資をしたいけど予算がない、開発資金が足りなくなってしまった、そんなときに利用を考えるのがビジネスローンです。

ビジネスローンには様々な特徴があります。

例えば、銀行融資と違い担保や保証人が原則不要なことや融資までの時間が短いことなどです。

また、ビジネスローンエール500のように多くの事業者向けローンでは新規開業資金など決算書がない場合も事業計画所提出で審査を行ってくれるので実績がないことを理由に銀行融資でいい返事をもらえなかった際に相談してみるのもいいかもしれません。

同様に会社の業績が浅かったとしても対応しています。

世の中に色々なビジネスローンがあります。

その中には、一般的にイメージする銀行融資やクレカ会社として有名なオリコなどの信販会社の行なっているローンもあります。

ここではノンバンク系のローンの申し込み・審査の流れを説明します。

まずはじめに提出する書類を確認しましょう。

多くのノンバンク系ローンで必要なのが決算書です。

決算書以外ではローン会社ごとに商業登記簿謄本などが必要な場合もあります。

これらの書類を準備したらあとはネットで申し込むだけです。

ネット申し込み時には健康保険証など本人確認書類が必要になるので忘れずに用意しましょう。

審査期間については最短で即日というローン会社もあるようです。

消費者向けのカードローンで有名なアイフルですが消費者向けカードローンで借りたお金はビジネス用に使うためことはできません。

経営者の方が事業用にお金を借りるにはビジネスローンで借りなければいけません。

では、ビジネスローンとはどういったものなのでしょうか。

大きく分けてみなさんが思い浮かぶ銀行融資と金利が高くなりがちだけど融資までが早いノンバンク系のローンの2種類になります。

どのくらい早いかというと銀行融資では平均1から2ヶ月、ノンバンク系では最短で即日融資をしてくれる会社もあるくらいです。

そのため中小企業など急な融資が必要な場合はノンバンク系の利用が多いようです。

資金繰りに悩んだ際に頼りになるビジネスローンですがどういった基準で利用者は借入先を選べば良いのでしょうか。

web上の口コミなどをもとに調べてみました。

一番言及されている点は申し込みから融資までの速さのようです。

例えば、審査の回答まで最短60分というローンもあるくらいスピーディーに行われます。

他には、クレジットカード会社のオリコが行っているなどの会社情報や今までにどのくらいの人が利用したかなどの信頼性を理由に選んでいる方も多いようです。

その他に必ず見ておきたいのが最大限度額や金利、返済計画を立てる上で大切な最長返済期間ではないでしょうか。

多くのローンの公式HPでは返済シミュレーションができるので活用してください。

事業者の方の中には、うまく事業が回らなくて赤字経営になってしまった、なってしまいそうなのでビジネスローンで資金繰りを考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで気になるのが赤字決算でもローン審査に通るのかということです。

融資審査の仕組みの原則として、利益が出ている会社の場合その利益から毎月の返済ができると判断され融資額が決定されるのですが赤字の場合利益が0なのでので当然審査に通りにくくなります。

しかし、赤字決算を出してしまっていても審査に通る可能性があるケースもあります。

参考:ビジネスローン審査甘い?厳しい?急ぎの運転資金借入なら【即日OK】

例えば、減価償却費による赤字や天災などによる特別損失による赤字の場合です。

他には不動産など十分な担保がある場合や決算書提出不要のローンの場合です。

日頃、生活していると、広告などでビジネスローンのビジネクストというようなキャッチコピーを見かけることが多いです。

こういったキャッチコピーはなんとなく語呂が良くて頭に残ってしまいますよね。

似たような意味を持つ言葉でキャッチフレーズという言葉がありますがキャッチコピーとの使い分けはあるのでしょうか。

辞書を使って調べてみたところ、人の心に訴えかける言葉という意味ではほとんど一緒のものと捉えても良さそうですが厳密にはどのようにその言葉を使うかによって違いが発生するようです。

キャッチコピーは広告などの宣伝目的に限定されたもの、キャッチフレーズは自己PRなど営利目的以外にも使われるそうです。

近年、フリーランスや起業したばかりの会社など大企業に比べて規模の小さいビジネスを行ういわゆる「スモールビジネス」が増えています。

市場におけるスモールビジネスの比率は高いですがやはり資金面で悩む会社も多いようです。

実際に2009年から2014年にかけて中小企業は39万社も減っており、中でも小規模事業者の廃業・倒産が目立つそうです。

こういった規模の会社の短期間での融資のニーズに応えるのがビジネスローンです。

特にbusinextはスモールビジネス向けローン会社として有名です。

ビジネスローンを利用する理由を見てみると担保が原則不要といったことや銀行融資に比べ書類の提出から融資までに時間がかからない点があるようです。

融資で資金調達を検討する際に最も重視するのはどの部分でしょうか。

それは金利です。

できることなら低金利で借りたいですよね。

そこで、今日は金融機関による金利の相場を調べてみました。

日本政策金融公庫の融資を受ける場合は、無担保でも2%前後、有担保になると1%台での融資も行われるようです。

通常、融資と聞いてイメージする銀行機関の融資では三井住友銀行ビジネスローンでは、2%台からと低利子ですがほとんどの場合で担保が必要になります。

最後に、銀行期間ではないノンバンク系のローンの場合は各ローンごとに最低6%から最高18%と幅がとても広く設定されています。

ネットを見ているとこんな噂を見かけました。

それは「ビジネスローンの審査は甘いですか?」という内容です。

結論から言うと、甘いわけがありません。

基本的には金利を見ると審査がどれくらい厳しいかがわかりやすいとされ、低金利は厳しい、高金利になるほど審査が甘いと言われています。

ノンバンク系のローンのように高金利になるほど審査が甘いと言われています。

例えば、銀行融資では事業計画書を提出する必要がありますがノンバンク系のローンでは必要ないことも多いです。

事業計画書だけではなく他にも提出した様々な書類から多角的に精査されます。

このように少し調べただけでも厳しそうな感じを持ってしまいますね。