借りやすい住宅ローンの審査基準を解説

住宅ローンを申し込む際、必ず加入する保険があります。

その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。

団体信用生命保険の内容は、世帯主に生命に関わる危機があった場合、残りのローンはすべて無くなる。

という保険です。

これは残された家族はこれにより、ローンの負担がなくなる。

という特別処置です。

保険会社はそれぞれの銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどでしょう。

自分で保証料を払う必要がないので、安心して借りやすい住宅ローンの申し込みが出来ます。

この先、しばらく付き合っていく住宅ローンを申し込みたい方はボーナス払いを視野に入れる前に注意して頂きたい事があります。

思いも寄らない収入が入りそのまま返済できれば、毎月の返す金額が軽くなるというメリットもあります。

但し最近の会社は確実に賞与が与えられるという保証もなく、その年によって大きく変動する場合もあります。

そのような事もあり賞与ありきで返済をしているという人は、意外にも半分以下であるというデータもあります。

時と場合によってまとめて返済する方法も視野に入れたい方は、繰上げ返済を利用してみてはいかがでしょうか。

ローンの支払いをしている方の中で借り換えをご検討中の方もいらっしゃるでしょう。

借り換えとは、他の銀行にローンを移す事です。

借り換えをする事で、毎月の返済額が減る事があります。

ですが、借り換えをして必ずメリットがある。

という訳ではありません。

理由は、借り換えには多少の金額が再度かかるからです。

無料で借り換えが出来る金融機関はほとんど0でしょう。

借り換えを検討する時はそういった事も含め、たいだいの返済額が計算できるシュミレーションを利用し借り換えをした場合のメリットを事前に調べると良いと思います。

これから住宅ローンを組む予定のある方は、ローンだけでなく仲介料などいくら必要か試算しておきましょう。

全体の約10%が手数料としてかかるようです。

謳い文句にあるように低金利だからといって選んでしまうと、全てを合わせたら予想していた金額よりも上回ってしまい、そんなに安くはならなかったという方も少なくありません。

この為にローン以外の諸費用も細かく調べいくら必要か、これらを総合的に計算してみる必要があります。

実例を挙げると、金利が安くても保証料が高かったりそれ以外で費用がかかる事もあるのでしっかり確認しましょう。

自分の家を建てよう!と思ったとき住宅ローンが役立ちます。

銀行や信用金庫からローンの申し込みは出来ますが家を購入する際は不動産屋を通す方がほどんどだと思いますのでその会社で協力している銀行などに申し込みをしても良いでしょう。

返済期間は人によってまちまちですが最長で35年の期間が借り入れ可能です。

とはいっても、申込時の年齢によって不可能になる可能性もあります。

一般的に、40歳を超える申し込みに関してはなかなか通りづらい。

という傾向が強いようです。

万が一、住宅ローンを返済している時に失業した場合今後の返済はどうなってしまうのでしょうか。

問題が起こっても事前に対処出来るようにしておきましょう。

今、どのような立場に自分が立っているのか確認します。

リストラされた原因が私にあるのか、それとも会社側の理由なのか理由によっては、退職した後の支給金に大きな差が出るからです。

職場の事由であれば、失業手当が1年間支給されるはずなので新たな職場探しをしながら、返済に充てるというのも方法です。

しかしながら、一回でも支払いが滞ってしまうと難しくなるので出来る事から一つ一つ確実にこなしていきましょう。

住宅ローンを組むにはまず、どの金融機関に融資をお願いするか決めないといけません。

参考:http://www.sadcexpo.org/

例をあげると、銀行や労金、ネットバンクなど住宅ローンを承れる金融機関は数多くあります。

各金融機関ごとの借りやすい住宅ローン審査の違いは特別大きな違いはありませんが、店舗がないネットバンクですと、取引はネットを通して行います。

店舗にいく手間がないので非常に人気です。

人件費や店舗運営費が削減できるのでその分金利が低く設定できるのが特徴です。

ネットバンクは支払いを少なくしたい方や忙しい人達にとても人気がある住宅ローンです。

ゆくゆくは自分の家が欲しい方、住宅ローンを考えている方は以下の点に注意して選んでみると良いでしょう。

最初で最後の大きな買い物になるかもしれません。

なので金利の安さだけで選ばないようにしましょう。

総合返済額がいくらになるかで選ぶ事をおすすめします。

低金利といっても、他に必要な事務手数料などがかかってしまうと結果的に損してしまった...なんて方も少なくありません。

また金利の変動によるメリットやデメリットも合わせて、長い目で考えてどれが一番良い選択かを見極めましょう。

選択に迷った時は評判をみてみるのも一つの方法ですね。

将来に備え住宅のご購入を考えていらっしゃる方も多いと思います。

購入に当たりまず必要なのは借りやすい住宅ローンです。

住宅ローンはネットバンク・銀行・信用金庫などの金融機関から申し込みが出来ます。

借りやすい住宅ローンには金利・審査・諸費用がかかります。

審査結果が解るのは約1週間前後の時間がかかります。

金利は契約を結んだ月のものを採用します。

諸費用の計算は、借入金額によりますが数百万単が一般的です。

早く欲しい!と思っても自分の物になるまでこれらの事をクリアして行かないといけません。

自分の家になるまでには3、4カ月の時間がかかります。

自分の家を購入するときの資金として、頼りになるのが住宅ローンです。

申し込み方法はいたって簡単で近場にある銀行や信用金庫などからでも可能ですしインターネットバンキングでも良いと思います。

または、不動産屋から紹介される金融機関にする方法を取ることも出来るので、自分が良いと思う方法で資金調達ができます。

申し込みの後の審査に通り、支払をスタートした場合約10年間にわたって控除を受けることが出来ます。

こちらは会社で行われる年末調整ではできなくて支払いを開始した年の確定申告へ自分で行く必要があります。